本文へスキップ

電話での,お問い合わせはTEL.053-436-0852

〒433-8113
静岡県浜松市中区小豆餅2丁目14-10

お知らせクォーツグラスコーティングについて

ディーラーに行ったらフッ素コーティングを勧められましたけど、
クォーツコーティング(ガラスコーティング)も同じものなのでしょうか?
詳しい説明


皆さんが今まで知らなかった車コーティングについて説明しましょう
 今までは、撥水性の高分子皮膜でボディの塗装面を防護していました。
しかし、撥水性皮膜で、はじかれた水滴は、レンズの役目を果たし、光と熱を集めてしまい
ボディを劣化させてしまう原因となっていたのです。
ボディを守るはずのコーティングがそんな弊害を起こしていたのです。

撥水系コーティング剤は油になじみやすい性質をもっているため、油性汚れが
付着しやすくなってしまい、静電気も発生しやすくなって空気中の汚れまで
吸い寄せてしまうのです。

 おかしいですね?
今までのコーティングにいいところがないのになぜ、施工する人がいるのですか?

 それは、これらのことを知らなかったからなんです。
だからこそ、今から紹介するクォーツグラスコーティング(グラスコーティング)を知れば
みんなが納得すると思います







クォーツグラスコーティング(グラスコーティング)について説明します。
クォーツグラスコーティング(グラスコーティング)は、撥水性ではなく超親水性ガラスを
使用してコーティングするのです。
超親水性ガラスは水になじみ、油を寄せ付けないという性質があります。
汚れても付着するのは水性の落ちやすい汚ればかりだから、雨や水洗いで簡単に落とせるんです。
 つまり、汚れがくっつかないコーティングになるのです。
 こんな、実例がありますよ。
赤堀自動車鈑金塗装で施工してもらったお客さんで、屋根付きの車庫に保管している人が
車が汚れると雨が降るのを待って、雨の中をグルーッと町内を一周乗ってくる方が
いるそうで、家に戻るころにはピカピカ、それに静電気の発生も抑えるため、空気中の
ほこりや塵を吸い寄せないので、濃い色の車に乗っている人ほど効果を味わえるのです。



ここまでは、クォーツグラスコーティング
(ガラスコーティング
の良さを説明したので
次にメカニズムについて話します。
図を見ながら説明します。
これが親水性のメカニズムです。
汚れが付着しても、水をかければ、水とボディの結びつきが強いので汚れとボディの間に水が入り込み、汚れを浮かしてしまうのです。
また、ボディの汚れは雨水の流れと水滴の跡に沿って付いていきます
よく,しましま模様になっている車を見ることがありますね
ワックスがけしても、雨上がりにほったらかしにしておくと
なってしまうよね
その点クォーツグラスコーティング(ガラスコーティング)
は塗膜が親水性だから雨筋や水滴跡を作らず、汚れを付きに
くくするのです。


図で示すとわかりますか


スタッフ写真

shop info.店舗情報

(有)赤堀自動車鈑金塗装

〒433-8113
静岡県浜松市中区小豆餅2丁目14-10
TEL.053-436-0852
FAX.053-436-0852
→アクセス